さとりのこさとこのブログ

新しい技術「観術」を日常で活用・応用した気づきや たまにどーでもいいことも掲載

映画「1984」あらすじ・まとめ 【オルタナティブファクト 二重思考による思考の統一化とは】

2017年、トランプ氏の大統領就任時に

オルタナティブファクトという言葉が一時期話題に上がったことがありました

 

嘘を正当化。事実を否定するためにもうひとつの事実を作るといった意味です

 

過去トランプ氏は『130万人の雇用を生んだ』と嘘の情報をFBで流したり、大統領就任式の聴衆人数を実際よりも多めに発表したこともありました

 

トランプ氏のSNSフォロワーは2017年10月現在で約4000万人

 

アメリカの雑誌·新聞購読者が約800~1000万人と格差がある中で、もしトランプ氏の発信する情報が素晴らしいと思ってしまったら、嘘でも受け入れてしまう可能性もあります

 

アメリカ国民の中でもトランプ氏から流れる情報に疑問に感じた人達が【二重思考】について書いてあるジョージ・オーウェルの小説『1984』に注目が集まりました

 

日本にいても他人事ではありませんし、私自身もどんな話なのか、とても気になっていたので映画を中心に見てみることにしました

-------------

これは未来の話である

UFOや宇宙人といった遠い未来の話ではない

身近に迫ったある未来の出来事である

1965年に核戦争が起こり荒れ果てた世界は

3つの統治国家に分断された

オセアニア
・ユーラシア
イースタシア

核兵器の廃絶後も戦争は続いた

紛争による緊張状態を維持することで政党は権力を保持しようとしたのだ


オセアニアの行政区

『避難命令、ユーラシアがミサイルを発射、全員、即刻 避難せよ。敵国のミサイルが接近中』

主人公のウィンストンは避難命令に従って家に帰った

"テレスクリーン"と呼ばれる『監視の目』のようなものに持ち物全部について報告をした

しかし、部屋に入る前に足元で蹴って隠した「日記」をテレスクリーンの角度から見えない場所でこっそり書いていた

表紙を『1960』から『1984』に書き換えた

1984年4月18日>

今は思考警察の監視下にあり誰も日記を書かない

もし書けば「死刑」になるからだ。でもかまわない

この古い日記帳に誰にも言えないことを書き記そう

あの女にあった。私をつけているようだった。早くも怪しまれたか

日記を書いている時、テレスクリーンからニュース速報が流れた

『破壊工作員2名が逮捕され罪を認めました!工作員が最後に叫んだ言葉は”ビッグブラザー”万歳!』

ウィンストンは思わず日記に”打倒ビッグブラザー”と書いていた時

「手を上げろ!反逆者め!ユーラシアのスパイ!思想犯!射殺してウラン鉱山へ送ってやる」

突然、部屋に同僚の子供が入ってきた。党少年団の訓練に行く前で興奮しているようだった

「机の位置がテレスクリーンから離れすぎている。通報する」と子供に言われたが、

同僚からは「彼は何も隠してはいない」と擁護され、飲みに誘われる

ウィンストンは外出の準備をすると

『党外局員規定に従い外出時は必ず局員バッジを着用すること』テレスクリーンから注意を受けた


●外に飲みに行くと囚人がいた

同僚
「憎悪週間にユーラシアにいたらしい。ヤツらが秘密を漏らして戦況が悪化した。ビッグブラザーが地中海での勝利に免じて囚人25名を釈放したらしい。なんて寛容な人だ」

ウィンストン
「愛情省で治療を受けたのか」

同僚
「治ってなければ釈放されない。ビッグブラザーに乾杯。偉大な兄弟に」

ウィンストン達が飲んでいると店に女がやってきた

ウィンストン
「あの女は苦手だ。話をしたことがないがつけられている」

同僚からは気にしすぎだと言われた

その時、ニュースが飛び込んだ

『愛情省から重大速報です。ビッグブラザーは今夜ジョーンズとラザーフォードの再逮捕を決めました』

ウィンストンの目の前で囚人たちが逮捕された

ウィンストンは「頭痛がするから今夜の会合は欠席する」と同僚に伝え、早々にお店を後にした


●お店を出ると例の女につけられる

ウィンストンは昨日、日記を購入したお店へ何か面白いものがないか物色しにきた
店主から2階にも商品があると勧められ、

2階に上がるとテレスクリーンはなかった

店主に聞くと市民エリアにはないとのこと

2階に飾ってあった絵を見て「教会」であることを店主に言われるまで、国からの書き換えらた情報だけを受け取っているウィンストンは気がつかなかった

ウィンストンは「革命前の記憶があるのか?」と聞くと店主はなんとなくと答えた

店主とやり取りをしていると例の女が後をつけてきたので慌てて外に出ると警察に職務質問されてしまった

18時に出て22時まで外出していることや、一通りのやりとりに不信に思われたウィンストンは明朝8時に「思想管理局」に出頭するように言われてしまう


●思想管理局に出頭

「夜遅くに散歩?頭痛は?記録局の仕事はつらいか?」局員から色々質問された

局員

「君の業務は?」

ウィンストン
「歴史の改ざんです」

局員
「不適切な表現だな。スピーチや誤報の訂正だろ?」

ウィンストン
「はい」

局員
「新語法の確立を急ぐ必要があるな。今のような誤表現は辞書から排除する」

その後も市民エリアの店に入ったのか、誰と話しをしたのかを質問され

最終的に市民との接触は避けるように言われた

局員からは
「党の方針に不満でも?特権階級に属する以上恩恵と同時に制限も受ける。君の釈明では不十分だ。愛情省に報告しておく」

官僚オコナー
「その必要はない、今後は規程を厳守するように」

ウィンストンはオコナーから戻ってよいと了承をもらった


●真理省での仕事はスピーチの誤報の訂正

『11月12日発行の官報を取り寄せろ。当時の予測に反してユーラシア軍が攻撃してきた。
ビッグブラザーのスピーチ内容を矛盾しないように書きなおせ』

ウィンストンは”1983年11月12日の官報”を取り寄せると、書類の中に「保管用 公表禁止」の写真が挟んであった

写真は敵国ユーラシアにいたはずの囚人たちが憎悪週間に国内にいたことを証明する写真だった

ウィンストンは思わずそこにいたオコナーに写真を見せるが「時には情報が間違っていることもある」と返されてしまう

ウィンストンは黙って写真を気化装置(廃棄)に入れた


●憎悪の時間だ、位置につけ!

”敵国ユーラシアの正体をみよ!下劣で冷酷な侵略者による極悪非道な残虐行為の数々を!”

”そして捕虜を拷問にかけ、なぶり殺しにしたのだ!まさに生死をかけた戦い”

”だが本当の敵は国内に潜んでいた!母国を売った不届きものカラドールだ”

ビッグブラザーの革命を妨害した地下組織のリーダーだ”

『殺せ!殺せ!』

”ヤツは軍事機密を敵に漏らし9年に及ぶ国家計画を台無しにしたのだ”

『犯罪者!絞首刑だ!』

”ユーラシアとの戦いも負け戦だと触れ回っている”

『うそつきだ!』

”ヤツに言わせればユーラシア国民は善良で和平を望んでいる。我々に敵国との和解を求めているのだ”

『憎め!憎め!憎め!憎め!』

ビッグブラザーの映像が流れると一斉に

『偉大な兄弟!』


憎悪時間の終了後、例の女からメモを受け取った

そこには”話がしたい、あなたを愛している”と書かれていた

ウィンストンは他の人に見られる前にメモを気化装置に入れた


●例の女と勝利広場の塔で19時に待ち合わせ

ユーラシア軍の捕虜が勝利広場を通過し、みんながやじる中で、例の女から「日曜の午後、中央駅の草地で会いましょう」とメモを渡された

日曜の午後、中央駅の草地で会うと約束した女の名は「ジュリアン」だった

ここならマイクもない、誰も聞いてない。監視の目にも触れず自由に話せる。触れ合うこともできる
ウィンストンはてっきり彼女をスパイだと思い込み、ジュリアンを恐れていたことを話した

ウィンストンは
「国民は洗脳され、憎しみ、愛を恐れてばかりいる。なぜ私が不良党員だと?」と聞くと

ジュリアンは
「あなたは顔つきが違った。国の体制に不満を抱いている顔。従順な党員のふりをすれば大丈夫。愛には支配社会を打ち破る力がある。国の言いなりにはならない」と答えた


●アイバーの鐘塔で再開

ジュリアン
「普段会っても会話ができない、見かけても他人のふり。監視の目を恐れずに過ごせる場所があれば・・・」

ウィンストン
「ジュリアン、いい場所が。古物屋の2階はテレスクリーンがない。あの部屋を借りる」

店主から”この部屋は筒抜けですよ”と言われた

ジュリアンが店主がいつ通報するかわからないと心配したが、ウィンストンはここなら大丈夫だと言って2人は2階を借り、隠れ家にすることにした


2人は隠れ家で落ち合うが、部屋でたまたま見つけたネズミを見てウィンストンは豹変した
ウィンストンはネズミが死ぬほど嫌いだった

幼いころ家にネズミの大群がいて、ある日妹が消えてしまったトラウマがあった

ウィンストンは心が落ち着いてからジュリアンに話を始めた

ウィンストン
「地下組織の人物と接触できれば体制を倒せるのに。真理省にオコナーという男がいる。きっと反体制派だ。彼は信用できる」

ジュリアン
「関わったら殺されるわ。一歩間違えれば即抹殺されてしまう。他人は信用できない」

ウィンストンは取り寄せた官報の中に囚人たちが国内にいた時の写真が挟んであり、オコナーに見られたにも関わらず、彼は見逃してくれたことをジュリアンに伝えた

ジュリアン
「もし本当に反対制派の地下組織があるなら私も加わりたい」

2人はオコナーが反体制派の合図を出すまで動かないことにした


●憎悪週間

ウィンストンは家で仕事をするふりをしながらテレスクリーンから見えないところで日記を書いていた

”2+2+が4でるように自由の答えはただ1つ”

”自由とはすなわち打倒”

”打倒ビッグブラザー

ウィンストンは真理省に出勤するとオコナーから別の作業者の仕事を引き継いでほしいと依頼され

「住所を教えるから19時に取りに来い。我々には君の力が必要なんだ」と言われた

自宅へ呼んで仕事の話をするなんて不自然すぎる。自分を呼び出すための口実の可能性が高いが
オコナーを信じて、ウィンストンとジュリアンは彼の自宅へ2人でいくことにした

オコナーの家ではテレスクリーンから流れる放送が消すことができる一部の党内局員の特権を持っていた

ウィンストン
「ここへきたのは反体制派の抵抗勢力が存在すると考えたから。もし本当なら私たちも力になりたい」

オコナー
「覚悟はできているか?命を落とすかもしれない。人を殺せるか母国を裏切れるか。恋人と別れることになっても」

ウィンストン
「(恋人と別れることは)いいえ」

オコナー
「頼れるのは己の思想だけだ。暗闇との戦いだ。捕まればそれまで。後で社会を破滅させる戦略を記した本を届けさせる。組織の詳細は知らないくていい。指令は私が出す。隠れ家はあるか」

ウィンストン
「日曜は古物屋の2階にいます」

オコナー
「カバンは憎悪週間中はカラにしろ。テレスクリーンを再開するので帰ってくれ・・・ウィンストン、私なら日記は処分する」

 

憎悪週間中、広場で死刑囚の最後の語りを聞いている中で『あなたのカバンはこれですか』と知らない人に声をかけられ、ある本を入れられる

ウィンストンはジュリアンと隠れ家で落ち合い、受け取った本を読み上げた

この本で未来を切り開く!2人で幸せになろう!と誓い、他の仲間を探そうとジュリアンが提案した時

「2人ともあの世行きだ!」

「!!!」

部屋の鏡の裏にテレスクリーンがあり、部屋に鍵がかかり警察に取り囲まれた

店主
「はじめに”この部屋は筒抜けですよ”と言ったはず。思想警察はお見通しだ!」

2人は連行された


●愛情省に軟禁

軟禁された部屋にウィンストンの同僚が入ってきた

「国に仕えているつもりだったが・・・気がつかないうちに邪悪な心を抱いてたんだ。なんて言ったと思う?

”打倒ビッグブラザー

寝ながら何度もそうつぶやいていたらしい。悪化する前にここに連れられてきた。手遅れにならずにすんだ」

ウィンストン
「誰が告発した?!」

同僚
「娘に。恨んでない。正しい子に育ってくれた証拠」

そんなやり取りをしているとオコナーが現れた

オコナー
「ジュリアンはお前を裏切った。基礎工程を終えたら2人でゆっくり話をしたい」

ウィンストン
「ここはどこだ。愛情省?いつ来た?この施設の目的は?私たちに自白させること?」

オコナー
「本当は捕まえて罰を与える。ここで正気に戻してやるんだ。治るまで決してここから出られない。異端者を殺すのが我々の目的ではない。宗教的抑圧はもう古い。

殺したところで異端者は撲滅できない

我々は彼らの本心を引き出す

最後は自分の意思で改心する異端者を滅ぼすのではなく、過ちに気づかせて心のそこから悔い改めさせる

自分を取り繕っても意味がない

自分の心と魂に従い、我々の一員となれば二度と逆らうことはないはず

決して再発しないように根気強く治療する

愛や友情、人生の喜びや笑い、勇気、好奇心、誠実さとは無縁の人間になるのだ

我々の治療で空っぽになった君の心は再びビッグブラザーの愛で満たされる

治療を始める前に何か聞きたいことは?」

ウィンストン
「ジュリアンは生きている?カラドールはどこだ?地下組織はホントにあるのか?」

オコナー
「精神的に混乱し、不確かな記憶しかないから、ありもしない出来事を現実と思い込むのだ
君は本当にカラドールの著書を手にしたのか?」

ウィンストン
「もちろん 勝利広場で男から本を受け取った」

オコナー
「君の思い違いでは?本当はどうなんだ、思い出してみろ」

ウィンストン
「確かに受け取った」

オコナー
「連れていけ」

ウィンストンは拷問室に連れていかれた


●思考の統制

オコナー
「君は妄想の中で囚人たちの写真を見たそうだな?」

ウィンストン
「実際に見た」

オコナー
「でっちあげを裏つける証拠らしいがそのような写真は存在しない」

ウィンスト
「違う!確かにこの目で見た。記憶にある、あなたも見たはず」

オコナー
「私には覚えがない。過去の情報統制について党は何と指導している。過去を統制するものは
未来を統制し、現在を統制するものは過去を統制する。過去の情報はどこに?」

ウィンストン
「記録はある。党が統制している。私の記憶は統制などされない」

オコナー
「自分の記憶の整理すらついていないじゃないか。君は謙虚さと自制心にかける。もっと素直になれ。2+2が4であるように自由の答えはただ1つだと?

指は何本に見える?4本。だがもし、政府が5本だと言ったら?」

ウィンストン
「4本」

オコナー
「何本に見える」

ウィンストン
「4、4本は4本としか言いようがない!」

オコナーが求める答えを言わない度に電気ショックの拷問を受けた

オコナー
「これは何本!」

ウィンストン
「4本!4本でも5本でもどちらでもいい。頼む。止めてくれ!」

オコナー
「うそつけ。まだ4本だと思っているはずだ!」

ウィンストン
「そう見えるのだから仕方ない!」

オコナー
「2+2は4。確かに4本かもしれない。だが政府が5本といえば5本になる。これは何本だ?」

ウィンストン
「5本にしておくよ」

オコナー
「今度は何本だ」

ウィンストン
「わからない。4、5、6。ホントにわかりません」

オコナー
「いいぞ。では正直に答えなさい。この指は5本だ。5本に見えるか」

ウィンストン
「はい」

オコナー
「カラドールの本を見たか?」

ウィンストン
「いいえ」

オコナー
「本は存在しなかった」

ウィンストン
「はい」

オコナー
「思考は統制し洗脳することができる。反逆者の死刑囚でさえ最後は改心した

治療後、彼らの心に残ったのは後悔の念とビッグブラザーへの愛だけ

立て、こちらへ。今の自分の姿を見てみろ」

ウィンストン
「ひどい」

姿見の前に立たされると見るも無残な姿になっていた。その時、ジュリアンの声が流れた。

ウィンストン
「(彼女に対する愛情が残っている)私は裏切らなかった!」

オコナー
「そのとおり今はまだ裏切ってない、来るんだ」

 

●101号室

オコナー
「101号室の扉の向こうで何が待っているかヒントをやろう

恐怖の感じ方は人それぞれ。

生き埋めやおぼれ死にを恐れる者もいれば

火あぶりや串刺しの刑におびえる者もいるだろう

君にとってもっとも恐ろしい死に方とは?

言わなくてもわかっている
101号室はこの世でもっとも恐ろしい場所だ」

ウィンストンはオコナーにいきなり部屋に入れられるとそこには"大量のネズミ"

ウィンストン
「罪ならジュリアンに!どんなに痛めつけてもかまわない!私の代わりにジュリアンを苦しめてくれ!」

ウィンストンはオコナーに抱きついた

オコナー
「これでもう君は二度と我々に逆らえないはずだ。明日釈放しよう」

愛情省内でのウィンストンの思考の統制が完了し、釈放された


●釈放された後

『速報です。平和省発表の最新情報によるとユーラシア軍は引き続き南下中とのことです。

ただちに反撃を開始しなければ中央アフリカ全土が侵略されます。

没落すれば致命的な痛手を負うでしょう真理省から続報が入り次第お伝えします

ビッグブラザーがあなたを見守っている』

ウィンストンは愛情省から解放された後、外で変わりきったジュリアンを見かけた

ジュリアン
「私、あなたを裏切った。脅されたの。考えるのも恐ろしい。思わず叫んだ。私の代わりに他人を苦しめて!逃げるために仕方なく口走った。だけど実際そのときは本気でそう思ったの。大切なのは自分だけ。人を思う気持ちなど失ってしまった」

お互い、以前と同じ感情を持てなくなっていた

そして唯一喜びも愛もすべて与えてくれる人が誰なのかわかった

ビッグブラザー」だと

-------------

ジョージ・オーウェルスターリン全体主義を批判の意味で書いた小説『1984年』暗黒社会

 

映画の後半部分の『指が何本に見えるのか』の洗脳シーンが何とも言えない衝撃でした。そして、主人公の行動全てが「国」が作ったシナリオの中で操作されていたに過ぎない光景を目の当たりにして絶句しました

 

この物語の全体を通してみると

それぞれ価値観の違う人たちが存在する中で二重思考を駆使した『戦争中における思考の統一』

その中でポイントが2つあります

 

【物語に出てくる愛情省の拷問の目的】

党から見た”脳を完全な状態にする”その者のすべてを打ち砕き、からっぽにし、最後に「ビッグブラザーへの愛」以外は残らないようにする


【純粋な権力】
他人を支配する権力と人間の文明は「憎悪」を基礎にしており「人の顔をブーツで踏みつける時の快感は変わらない」この世界では踏みつける対象はなくならない
だから永遠と反逆者は罵倒されつづける「憎悪週間」はなくならない

 

この2つは『1984』の漫画から一部抜粋した表記ですが、物語では協調して表現されているように感じました

 

今の時代から見ると信じられないことですが、戦争が中心の社会では自然な流れになるのだと思います

 

この物語は1947年に発表されたものですが

ジョージ・オーウェル第二次世界大戦中における「思考の統一」が暴力による統制だと

こういう結果になってしまうと戦争を体感していない後世の私たちに書き残してくれたようにも感じました

 

最後にそれぞれ価値観、判断基準の違う人たちに対して今までの人類歴史は戦争による「暴力」資本主義では「財力」を使ってきましたが

観術創始者Noh Jesu氏は

これからの時代は観点(観る視点)固定から自由になり観点を自分で編集、デザイン、クリエイティブすることが可能になる「ZERO化」の技術を使った集団のチームプレイが必要だと言っています

その確信が気になる方は是非Noh Jesu氏のblog「この時代になぜ認識技術・観術が必要なのか?を教育から語る」を読んでみてください。
f:id:a_satoco:20171026082936j:image