さとりのこさとこのブログ

新しい技術「観術」を日常で活用・応用した気づきや たまにどーでもいいことも掲載

2018年 暑中お見舞い申し上げます

今年はフェーン現象の影響で『災害』レベルとも言われる暑さを経験していますが、皆様いかがお過ごしでしょうか


今年のはじめに『2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)』良いこと、悪いことがはっきり分かる年という話をBlogに書かせてもらいましたが

学校法人やスポーツ団体内で今までの体制に対する内部告発や官庁や企業での収賄問題

更には多くの災害による国や各地方での対応やあり方など

未だかつて経験したことがないぐらいのスピードで自然や社会の変化が起きているのを感じる日々です


私のBlogは『人間とは何なのか』『現実とは、社会の仕組みとは何なのか』というテーマをベースに

過去の書籍や気になった出来事をまとめと観術(nTech認識技術)の解析をしながら記事にしていますが、これからも出来る範囲でBlogを更新していけたらと思っています

 

最後に、これから更に暑さが厳しくなる季節ですので、熱中症には気を付けてお過ごしください

f:id:a_satoco:20180731082535j:image

手塚治虫 【ドストエフスキー 罪と罰】 あらすじ・まとめ 無差別殺傷事件 心理考察

今年に入ってから無差別殺傷事件が多発していると感じる日々ですが、最近、過去に実在した連続殺人犯を元に書かれた手塚治虫氏の「ペーター・キュルテンの記録」を読む機会がありました

話の構造が手塚治虫氏が65年前にドストエフスキーの小説をアレンジして書いた「罪と罰」と通じるものがあり、改めて読み直してしてみることにしました

--------------------------

この物語は革命前夜の帝政ロシアにおいて退廃と貧困に明け暮れたペテルブルグの町で起こった

ある一つの犯罪事件にまつわるエピソードである

旅人はその町で見た

ハダシの子供たちと酔っ払いと売春婦の群れ

みんな何かを期待し、そして絶望して暮らしていたのである


その町をある日、夢遊病者のように歩いて行く少年がいた

その少年がこの物語の主人公なのだ


①少年の犯行

お金に困った少年は質屋の老婆にお金を借りに行くが質に入れる品を安く買いたたかれ、一旦引き上げた

質屋の鍵穴から部屋をのぞくと老婆は大量のお金を持っていた
一生懸命働いても貧乏で恵まれず、勉強したくても貧乏で出来ない人もいる

世の中にはなんの役にも立たないのにお金がうんとある人もいる

質屋の老婆は生きていたって役には立たない

老婆を殺害することに決めた少年は質屋に向かい、老婆にお金に変える品を持ってきたと告げ、部屋の中に入り、持ってきた斧で老婆を殺害した

犯行を誰にも見られず、証拠も隠滅し、質屋を後にした


②犯人逮捕

質屋がある建物で塗装をしていたペンキ屋が少年が犯行後に落とした金時計を拾って持っていた為、現行犯で逮捕された

警視局ではペンキ屋を犯人として尋問が進められるが判事は慎重に調べるべきだと警視局の総督に意見をした

総督は警視局だけでは限界があるので探偵に依頼をすることにした

判事は警視局とは別行動で事件を捜査していた
判事は自分の親戚に学生がおり、彼が溜り場としている酒場へ向かった

その学生は少年と親友だった。そして判事はある雑誌に掲載されている少年が書いたとされる記事について話だした


③雑誌の論文「天才について」

あらゆる人は「普通の人」と「天才」に分けられる

「間抜け」とは普通の人のことだ

「普通の人」とは世間一般の人のことである

ナポレオンやヒットラースターリンアイゼンハワーなどは「天才」なのだ

この人たちは普通の人たちを従えて戦争をしたり政治をしたりしている

つまり天才は何をしてもいいのである

例えば、どんなに人を殺してもそれが「世の中を立て直すため」ならしてもいいのだ

普通の人たちは絶対にこの「天才」たちに従わなければならない

そして「天才」は古い世界から新しい世界を作りだすのである

しかし、普通の人たちは一時は天才たちの新しい仕事をわかってくれないだろう

そして、その人たちを殺してしまうだろう

しかし次の時代にはその人たちは人々から崇められるだろう


④判事と少年

判事は学生のツテで少年に会わせてもらうことになり、少年宅へ向かった

その頃、犯行に及んだ少年は自宅に帰ったが、老婆の財布を持ってきてしまい、隠し場所に悩んでいた

そして財布を外の石の下に隠し、証拠を隠滅した

家に帰ると判事と学生が来ていた

判事は論文を読み「世の中なんでもやっていい天才がいる」ということかと少年に質問をした

少年はあくまで仮説。それが世の中をよくすることになるならと補足した
判事は天才の特徴について質問し、少年が見かけは普通の人と答えると


判事
「それは困りますね。天才でもない普通の人が自分のことを天才だと思い込んで勝手なことをはじめないでしょうか?」

少年
「鋭い質問ですね。天才でもない人間がそれをやると罪になります。罰がきっとくるでしょう」

判事
「天才には罰が来ないのですか?」

少年
「罰なんてものはその天才が作って決めるんです。だから来るはずがありません」

判事
「あなたは自分が天才の一人だとお考えになったことはありますか?」

少年
「君は僕を犯人だと思っているね。調べるなら正式に調べたまえ!」


少年に対して会ったばかりで失礼な態度をする判事を見て学生は慌てて判事を連れて部屋を出た


⑤母からの書留

少年は母から来た書留を開けると大金が入っていた

同封されていた手紙には妹が地主宅で家庭教師をしていたが地主さんが殺害される事件があり、家庭教師を辞めたこと

あるお金持ちから妹を嫁候補として仕事を手伝うように依頼があり少年のいる町に向かうのでお金持ちの人と会ってほしいと書いてあった

 

⑥真犯人

少年がカフェで新聞を読んでいると、新聞に載っていた探偵が同じカフェにいた

そしてペンキ屋が犯人ではなく死体を見つけた第一発見者が犯人だと話いるのを聞いた少年は自ら「自分が犯人です」と探偵に名乗った

探偵はびっくりして、通常犯人はビクビクしているし、取ったお金はパパッと使うものだと言った
少年は自分が犯人だったらどうするのかと聞かれるとお金は空き地の石の下へ隠すと答えた

そして「もし僕が犯人だったら」「僕が犯人と言いたかったんだろう」と詰め寄ると探偵は慌ててカフェを後にした


⑦馬車にひかれた役人

同じカフェで酔っ払っていた役人は売春婦をしている娘が稼いだお金で飲んだくれていた

まともに歩けない様子の役人に少年は肩を貸し、店の外まで出してあげたがその後、役人は馬車に引かれて死亡した

別れたばかりで死亡した役人の身元について警官が訪ねているところへ少年が出くわし、役人の亡骸を自宅へと運ぶことになった

少年は母が送ってきた大金を役人の葬儀に役立てて下さいと役人の家族に渡していると

騒ぎに駆け付けた同じ建物に引っ越してきたばかりの人物が妹を嫁候補にと話を進めているお金持ちであることがわかり、この場で顔を合わせてることになった


⑧殺人事件の犯人確定

少年の母と妹がお金持ちとの縁談の件で上京し、少年の家に着いていた

たまたま学生も少年の家に来ており「例の殺人事件の犯人がペンキ屋で決まった」
「判事が少年に会いたがっている」と伝えに来たのだった

翌日、お金持ちと少年家族が食事会が開かれた

お金持ち
「妹の為に出した大金を売春婦の為に使った。少年から侮辱を受けた」

少年
「あなたこそいい加減だ。売春婦にやったなんて。車に引かれた死んだ役人の家にやった」

そんなやりとりが続く中でお金持ちからは

「妹を貧乏人の中から引き上げてあげようと努力したのにお金も使って大損した!」

お金持ちの本心がわかり、少年家族は早々に引き上げた


⑨役人の通夜

通夜の後日、少年と役人の娘はたまたま外で出会った

少年「売春婦をやめることはできないのか?」

娘「私たちが生きていく為には必要なこと」

少年「どんなに世間から軽蔑されてもこれを続けていくのかい?」

娘「神様が守ってくださっています」

少年「ありもしない神様にね」

そんなやりとりをしていく中で少年は娘の足元にすがった

少年「僕は世の中のあらゆる苦しみにこうやって頭を下げたんだ。君もお父さんも誰も彼も、その苦しみに飛び込んで行っている。僕もどうしたらそのようになれるのか教えてほしい」

一通り話をした少年は判事の元に行った後、再び娘に自分の苦しみを打ち明ける約束をした


⑩判事

少年は判事に会いに行った

判事は少年の部屋を2回ほど捜査したこと、証拠が出なかったこと、判事は犯人がその内向こうから引っかかってくると思い待つことにしたと少年に告げた

学生から『ペンキ屋が犯人に決まった』と伝えたのは判事の戦略でそれが世間に広まると犯人はウズウズしてその訳を聞きに来るはず
判事はペンキ屋が犯人ではないことははじめからわかっていた

犯人は少年だと知っていた。ただ証拠がないから捕まえられない。だから自首するのを待っているのだと告げると少年は罪があったとしても自首はしないと答えた

判事からは「どこまで偉大になろうとしているのか、それこそが卑怯。自首することが偉大じゃないですか。あなたにはすがすがしい空気と落ち着いた暮らしが必要だ」と言われた


⑪民族解放戦線

少年が判事の元を去ると少年の論文を読んだと言う男から声をかけられた

「この腐れ切った世の中を立て直す民族解放戦線の同志として仲間にしたい」と持ち掛けられたが、少年が断ると男に追いかけられ、男は少年の妹が家庭教師をしていた地主を殺した犯人だと名乗ってきた


男「あんなお金持ちは制裁していいのだ」

少年「制裁?誰の許しで?」

男「僕の許しで。正しいことをした」

少年「君は英雄のつもりか。英雄がうじゃうじゃいてたまるか」

男「協力してくれないなら反動者として制裁するのみ」

男は少年を銃で打ち、少年は左肩を損傷した


⑫少年の苦しみ

少年は傷を負いながら役人の娘のところに向かった

娘に傷口を手当てしてもらいながら「自分が老婆を殺した」ことを伝え、話を続けた

少年
「僕はこの腐れ切った世間を目覚めさせるには僕が何かして見せなきゃならない。それであんなシラミみたいな老婆一人を殺してもと思った」

娘からはそんなこと人間の決めることではないと言われた

その時「警官どもは石と角材でぶち殺せ!勝利は我々が戦闘に立ってこそ勝ち取れるんだ!」と町では学生の暴動が起きてた

少年は学生の暴動を目の当たりにした時に

「僕のように自分を英雄だと思っている奴が何人もいるんだ。さっきの男もその一人。
誰も彼も英雄だと思い込んで勝手なことをやっているだ!!」と気が付いた

役人の娘からは町の広場で大声で「犯人は僕だ!!」と言った後に自首するように促された


暴動が起きる町の広場のど真ん中で少年は

「お金がほしいために、金貸し老婆を斧で殺したのは僕だ!!」と叫んだ後、判事の元へ向かった

--------------------------

ドストエフスキーの「罪と罰」自体は1866年。150年以上前に書かれている長編小説ですが

その当時の出来事を調べて見てみると日本では『薩長同盟の成立』や『ロシア皇帝アレクサンドル2世の暗殺襲撃事件』『プロイセンとオーストラリアの普墺(ふおう)戦争』が起きたりと世界的に不安定な時代だったと見ることもできます


今の時代「なぜこんな犯罪、事件」が多発するのかと「罪と罰」を通して考えてみたときに犯罪者の心の状態がわかりやすく表現されている小説であることがわかります

 

シンプルにまとめると①~④です

①どんな形であれ、社会システムに適合できなかった

②適合できなかった社会システムに対して、自分ができることを考える

③適合している人達への破壊行為。変わることのない社会体制・秩序への報復

④破壊行為をした結果、この社会システムが不完全であること。自分が正しかったことを証明する


人道的に考えた時に「なんでそんな酷いことができるのか」と思いますが

この内容をまとめる中で自分が社会不適合者だと認識している人は普段から人との関係性が作りにくく、さらにその人の個人の中で出来上がった「この考えに至った自分は天才だ」「自分は絶対に正しい」と思った考えに一点集中して行動している為、破壊行為の実行に移すことが多くなりやすいと感じました


観術の創始者Noh Jesu氏が以前「人間の考えはダイヤモンドよりも固い」と話していたことがあります

ダイヤモンドよりも固い「人間の考え」を変化させようとすると相当な時間がかかりますし、社会や人間は変わることができないと思った瞬間、人によっては破壊行為に及ぶこともあります

 

そのダイヤモンドよりも固く固定された人間の考えをリセットし、自由自在に自分が考えを編集デザインできる「ZERO化」する技術(nTech認識技術)がすでに日本で開発されています

 

これからは自分自身の考えに振り回される人生から卒業し、ZERO化技術を応用活用した人間力、人間関係力が必要とされる時代に突入します

 

最後に今までの社会システム構造が限界を迎えている今

新しい技術への理解、開発、社会の発展がこれからの時代に生きる私たち一人ひとりにとってとても重要になると感じています
f:id:a_satoco:20180712125656j:image

罪と罰

罪と罰

 

 

不気味な朝

今日は朝から雨が降っている

 

 

梅雨の時期によくある湿気まじりの空気

 

 

ざっと大粒の雨が降ったかと思えば

 

 

雲から光が見え隠れするようなはっきりしない空

 

 

一瞬、誰かが悲鳴を上げたような気がして

 

 

思わず外に飛び出した

 

 

目の前に広がる世界は

 

 


何一つ変わらない日常が存在しているだけだった

 

-------------------------
【解説】

2018年7月6日 AM9:00前後

外はどしゃ降り、梅雨前線が停滞していることによる記録的豪雨の最新ニュースをテレビで見ている時に

オウム真理教元教祖 松本智津夫死刑囚の死刑が執行された速報のニュースが目に飛び込みました

次々と関連する死刑囚の死刑執行の速報が流れ

言葉では表現しにくい気持ち悪さに
居たたまれず、家から外に出ました

私の頭に入ってきた『深刻に感じる情報』とは裏腹に外は何もなかったかのような日常

そして変わらず人々は過ごしている

 


このニュースは平成という元号が終わるタイミングに起きた一つの終止符を打つ出来事と見ることもできますが

 


観術(nTech認識技術)を通して見たときに

今までの時代では『当たり前』だと思っていたような平穏な日常のイメージを破壊するような出来事や今まで以上に加速して情報がどんどん入ってくる可能性があることの覚悟と

来た情報に対しての客観的な解析、理解、行動が

今の時代に生きる人たちにとって、とても重要になってくると今回のニュースを通して感じました

 


最後に、ポエムを書くことで「考えが整理」されていく習慣を目指しています

観術とは


f:id:a_satoco:20180706125430j:image

人体「神秘の巨大ネットワーク」生命誕生 ミクロの会話 まとめ

生命誕生。小さな受精卵があなたになるまでの物語

あなたはどうやって「人」になったのか

たった一つの受精卵から複雑な細胞が作られるのか

研究者たちが探求した人類最大の謎が解き明かされようとしています

iPS細胞の発見によって神秘の扉が開きました

メッセージ物質が働き、臓器が作られる

赤ちゃんの細胞がお母さんの子宮を突き破る

「生命誕生。見えた!母と子の会話」


●受精卵になるために

人間の視覚でわかるサイズで卵子精子、赤ちゃんを表現すると
卵子はりんごの大きさぐらい、精子は米粒ぐらい、赤ちゃんは500mぐらいになります

 

受精卵の中で次々と臓器ができる仕組みに大切なものは「メッセージ物質」です

 

とある夫婦に一昨年から取材をスタートしました

その夫婦の体外受精の様子を拡大してみてみると卵子精子が入り父の核と母の核に隠れていた遺伝子が出てきました

2つが一瞬消えて、父母の染色体が一つになり、5日ぐらいで細胞が100個ほどまで増え、
近いうちに子宮に着床できる状態になっていました

子宮に受精卵が着床しないと妊娠はできません。状況によっては次の生理で流されてしまう可能性もあります

「ここにいるよ」hCG(受精卵から子宮に根付くためのメッセージ物質)

赤ちゃんからお母さんへのメッセージです

メッセージ物質を出し、卵巣から全身にメッセージ物質が回ることで生理がおきなくなり、妊娠の準備が始まります

「ここにいるよ」のメッセージが大量に体の反応として出ていることで妊娠が判明します

人類は皆「ここにいるよ」の働きかけから始まっているとも言えます


●ドミノ式全自動プログラム

受精卵は生命誕生の不思議。受精卵からは200種類以上の細胞が生まれています。

ES細胞で最初の臓器が生まれる秘密についてカロリンスカ研究所ケニス・チェン教授は実験を行っていました

どの細胞か未確定の細胞に「ウィント」というメッセージ物質を与え、2日後に細胞が波打つことを確認しました

たった1つのメッセージで細胞が心臓に変わりました。メッセージ物質は細胞を導いてくれるのです

シンシナティ小児病院ではiPS細胞から肝臓ができる様子がわかりました。実は心臓の次に肝臓を作りだされていたのです

 

母の中で分裂をする受精卵

人体の中で色々な臓器が会話をしあって作られています

受精卵が着床して5週目に「心臓」

9週目に「手足」
2ヵ月後には「心臓」「肝臓」「肺」「腸」「胃」人体の基本が完成

メッセージ物質が働くことでドミノ式全自動プログラムが発動、200種類以上の細胞を作りだしています

全ての臓器が複雑なメッセージ物質を出すことで次の段階に繋がるのです


●大きく育つ

妊娠7ヵ月。ここにもう一つの難関があります

それは赤ちゃんが「大きく育つこと」

お母さんが大活躍することです

まずお母さんと赤ちゃんが繋がっている胎盤は赤ちゃんの受精卵で作られています

子宮の壁には穴が開いており、そこには血管の窓があります

胎盤は子宮の血管の窓にくっついて、赤ちゃんの血管を伸ばしながらお母さんの血液に含まれている栄養素と酸素を取っています

「もっと大きくなりなさい」

お母さんからも実はメッセージ物質を送っていて、それによって赤ちゃんは栄養素と酸素をもっと受け取るようになります

 

妊娠4ヵ月の安定期前。赤ちゃんは身長約10cmぐらいの時にお母さんの体で身を切るような現象が起きていますが、そのメカニズムをスーザン・フィッシャー氏が解明をしました

4ヵ月の時点だと赤ちゃんの脳はスカスカ。大脳をもっと充実させる必要があります
妊娠初期から4ヵ月目に入ると血管の窓が広がっていてお母さんの子宮の壁に赤ちゃんの細胞が入りだし、子宮を突き破るのです

 

赤ちゃんの血管が成長する中でメッセージ物質を発します

PGF「もっと大きくなりたい」

子宮が受け取るとお母さんの血管の窓を大きくし、栄養をもっと供給

赤ちゃんの血管が子宮に潜り込み、血管の壁を打ち破りさらに血管の窓を開くことで、赤ちゃんの血管が潤い成長していくのです

スカスカだった赤ちゃんの脳がぎっしり中が詰まった状態になります

あなたを育てた「ミクロの会話」
壮絶な成長に秘められたドラマがありました。子宮を突き破る現象は人間の脳を大きくさせる為に必要な過程なのです。

 

シンシナティ小児病

いくつもの内臓に障害があり何度も手術したが、さらに肝臓が悪くなった患者がいます
そこで働く武部貴則氏はiPS細胞で小さな肝臓を作り埋め込む方法を考案

肝臓は複雑な構造で人が作るのは不可能と言われていますが、お母さんの中で起きていること、胎児の中でできる肝臓の作り方をまねることにしました

臓器同士のメッセージ物質が語り、複雑な臓器を作るので実際体の中で機能するのかマウスで実験し、30日後にミニ肝臓を移植したマウスの生存率が上がりました

臨床試験を予定しており、人体の不思議に迫ることで医療の成長にもつながる

生命誕生に学んだ新医療。国の指定難病はおよそ300種類もあると言われています

医療の発展からこれからです

----------------------------------------

臓器の出来る順番と臓器同士で会話をして200種類もの細胞が作られていることや、妊婦さんのつわりが何故酷いのか、そして人ひとりが体を形成するまでのプロセスがiPS細胞の発見により詳細に解明されることで、医療が発展することに希望を感じました

 

私が技術として使っている観術(nTech認識技術)は観点(観る視点)のメカニズムを理解し、観点が変化・運動・移動することで、新しい情報の理解、自分の考えの深さが変化していきます

 

今回の特集を通して、自分が生まれるまでのメカニズムを知らずに生きていくより、知ることで生きていくための人としての深さや、人間一人ひとりの可能性に自分の意識がつながるようなとても濃いテーマに感じました


f:id:a_satoco:20180324090207j:image




静かなる空虚感

常に『人』に囲まれ


同じ経験、体験をしないと


恐怖だったり、虚無感がくる


なぜならそこに一緒にいないと


『人』に選んでもらえないから


自分が好きで選択しているつもりが


それはただの『操り人形』でしかなかった


今ここ、私の体はぽっかり穴の開いた


風船のよう


静かに『幸せ』が隙間から抜けていくのを


感じながら、今日も『人』に合わせて生きていく

------------------------------
【解説】
ある日、友人数名と楽しく食事に行った帰り
道。あれだけ楽しく笑って会話をしていたはずが、心がざわざわして、自分の体の真ん中がぽっかり穴が空いたような感覚になり、びっくりしたことがありました。

自分の中にある漠然とした孤独に対する不安感や認められたい感情に支配されながら生活している

そこに気づいたときに『心にゆとりを持った状態で友人と交流する』『できる範囲で頑張ること』に気持ちを切り替えたことで空虚な感情に囚われることは減りました。

---------------------------
blogを読んで頂きありがとうございます。

blogを始めて先日アクセス数が累計20,000PVを超えたので、初心に戻りポエムにしました。

 

最近印象に残ったこととして韓国で開催された平昌(ピョンチャン)オリンピックがありましたが、参加した国々の政治的な動きも感じやすかった中でも、それぞれの国の代表選手の活躍もさることながら日本人選手の『諦めない、挫けない心、最後のねばり強さ』に人間が持つ能力の無限の可能性に希望を感じるオリンピックでした。



2018年に入ってから、日本国内そして世界的にも地震が多発し「草津白根山の噴火」や海外では「シリア内戦」のような衝撃的な出来事も起きています。

 

日常で入ってくるたくさんの情報に対して、観る視点が固定されている状態では『今なぜ、この問題が起きているのか』の原因や背景に対しての理解に至るまではなかなか難しいと思います。

情報が溢れ、日々起こる問題に対しての解決策や次の方向性が見えにくい時代の中で

 

私が現在活用しているnTech認識技術(観術)は

自分自身の『観る視点』がどのように動くのか、人間五感覚脳の観点がどのように動いているのかの仕組みについて明確に規定しています。

 

観点を自由自在に使えるようになることで、人間一人ひとりが自分の持っている機能の理解、観点のバージョンアップによって、大小関係なく起きる問題に対して解決の手がかりが見えるようになってきます。

 

この変化の激しい時代に必要なのは力で制圧する『暴力』やお金の力で制圧する『財力』でもなく『観点』の仕組みを理解した人間一人ひとりの『心』の開発開拓による『人間力・人間関係力』

そしてその人たちが作るチームプレイによる問題解決能力で新しい時代を切り開けると私は確信しています。

 

最後に、ポエムを書くことで「考えが整理」されていく習慣を目指しています。

映画【ハンナ・アーレント】あらすじ・まとめ 平凡な人間が人間であることを拒絶した時

以前この映画を観たことはありましたが、軍事的な話が増えたように感じる2018年の社会情勢において

戦争の現場で任務を遂行していた人の思考がどのように働いて結果、大量虐殺の流れに至ってしまったのか。私自身が知りたいと思い、整理してみることにしました。

----------------------------------------------
<はじめに>

ドイツ系ユダヤ人のハンナ・アーレントハイデガーに師事、哲学を学ぶ

1933年ナチス迫害を逃れて亡命先で夫ハインリヒと出会い、アメリカへ

物語は1960年ナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが潜伏先でイスラエル諜報部に捕らえれたところから始まる

アイヒマンが車から降りて道を歩き始めたところで拉致される

 

①ナチの大物が逮捕される

ハンナはある日、新聞で「イスラエルの諜報部、ナチの大物逮捕」の記事を目にし、アイヒマンの裁判がエルサレムで開かれることを知ったハンナはすぐに裁判の傍聴を希望する手紙を雑誌社宛に作成した。手紙を受け取った雑誌社「ニューヨーカー」は「全体主義の起源」の著者ハンナを記者として派遣できることを喜びエルサレム行きを承諾した

「偉大なる裁判への立ち合い」エルサレム行きが決まったハンナの為に自宅でパーティが開かれ、友人たちは喜んだが、エルサレム行きを快く思っていないハンナの夫が友人と口論になってしまった
夫はハンナが拘留キャンプから逃れた暗い時代に戻るのではと恐れていたからエルサレム行きを反対していたのだ


エルサレム
裁判が始まってみるとハンナは検事が法廷でアイヒマンと主役争いをしているようにしか見えなかった
派手な演説は予想されていたが、このまま裁判ショーをさせてはいけないと友人のクルトに訴えるが、当時の政権を握っている首相を理解してほしいとなだめられた

 

③野獣アイヒマン

裁判で提出された資料にアイヒマンが回答した

「確かに輸送中15名死亡と記録されているが、私の管轄ではありません」

 

検事
「全国指導者ヒムラーが命令したことをなぜ将校にその命令を伝達したのですか?」

 

アイヒマン
「決まりにより現地の警察当局から照会がきて処理をしました」

 

検事
「1両に乗せるユダヤ人の人数を決めたのはあなたですね?」

 

アイヒマン
「それが命令です。殺害するか否かはすべて命令次第です。事務的に処理をしたのです
私は一旦を担ったにすぎません。ユダヤ人輸送に必要なその他業務は様々な部署が担当しました。今の私はジリジリ焼かれる肉の気分です。もどかしいからです。明らかな根拠がない件ばかりだからです」

 

裁判を傍聴したハンナは野獣と言われるアイヒマンが創造と違っており不気味とは程遠い平凡な人で酷い役所言葉であること。裁判の意図が見えすぎていて、気分を害していた

 

ユダヤ人証言者~アイヒマンの言葉

”家族の中で自分だけしか生き残れなかった人”や”アウシュビッツのことを思い出して失神する人”

裁判で証言に立った人たちはアイヒマンとは無関係な証言内容が続いた

中には同胞の情報をドイツ側に流していたユダヤ人の証言もあった

それから検事がアイヒマンに「総統に忠誠誓っているのか」や尋問中に質問された「父親が裏切り者だとわかった場合、父を撃ち殺すのか」等のユダヤ人を抹消したのは”野獣アイヒマン”だという流れを作りたい意図が見える中、検事からある質問が投げらた

 

検事
「市民の勇気があれば違ったのでは?」

 

アイヒマン
「その勇気がヒエラルキー内にあれば違ったでしょう」

 

検事
「虐殺は避けられない運命ではなく、人間の行動が招いたものだと?」

 

アイヒマン
「その通りです。何しろ戦時中は混乱期でしたから、皆思いました。”上に逆らっても状況は変わらない” ”抵抗したところでどうせ成功しない”と仕方なかったんです。そういう時代でした。皆そんな世界観で教育されていたんです。巻き込まれていたんです」


エルサレムからの出国
裁判の傍聴を聞いたハンナはアイヒマンは国の法律に従っていただけでユダヤ人に対して増悪はないと主張していること。役人として殺人機関の命令を遂行していること

想像を絶する残虐行為とアイヒマンの平凡さを同列には語れないことを感じた
ハンナは裁判の記録と尋問のテープ6本を持ってニューヨークに戻った

雑誌社からの督促を受けながら、裁判所から届いた資料500枚を自分の秘書と一緒に整理をしながら裁判について執筆活動を始めた

 

強制収容所とは

・収容所は無用な人間だと思い込ませて殺害する
・収容所の教えとして”犯罪行為がなくても罰は下せる” ”労働が成果を伴わなくても構わない”

強制収容所は如何なる行為・感情・意味を失う場所。無意味が生まれるところ

全体主義の最終段階で絶対的な悪が現れる人間的な動機はもはや無関係。全体主義がなかったら我々は根源的な悪など絶対に経験しなかった

ハンナは収容所での体験談を大学の講義の中で学生たちに聞かせた

 

⑦出来上がった原稿
アイヒマンの首絞刑が決まり、本格的に執筆が進んだハンナは友人に原稿を見せたが激高された

理由はユダヤ人の同胞をアウシュビッツに大量に搬送したアイヒマンを平凡な人と表現し、アイヒマンを許しているかのような文章に見えたからだ

ハンナの記事を読んだ雑誌社もユダヤ人指導者が同胞の破滅に導いたように表現されている箇所を懸念したがハンナからは指導者の行動について具体的に説明はしていないし、事実だから問題ないと雑誌担当者へ回答した

 

⑧雑誌に掲載
ハンナの記事を10ページ掲載すると1ページにつき100件の苦情が雑誌社にきた

デイリーニュースには「ハンナ・アーレントアイヒマン擁護、検事が回答」と一面に掲載されてしまう

友人のメアリーから今の現状について反論してほしいと言われるが、ハンナはまともな苦情がきていない。バカな人と話す気はないとメアリーに伝えた

ある日イスラエルの使者がハンナに直接『本の出版差し止め要請』の為にわざわざアメリカまでやってきた

その中でエルサレムの友人クルトが死の淵にいることを知り、いても立ってもいられずハンナはエルサレムに飛んだ

友人のクルトも雑誌の内容にショックを受けており「同胞に対する愛はないのか」と聞かれたハンナは「1つの民族を愛したことはない。私が愛するのは友人。それが、唯一の愛情」だと答えた


⑨大学の講義

雑誌掲載内容の批判を受け、大学側からは教員を降りてほしいと言われてしまう
ハンナは今までの批判に対してついに講演をすることを決意した

 

ハンナ・アーレントの講演>

雑誌に派遣されてアイヒマン裁判を報告しました。私は考えてました。法廷の関心はただ一つだと。正義を守ることです。難しい任務でした。

アイヒマンを裁く法廷が直面したのは法典にない罪です。それはニュルンベルク裁判以前は前例もない
それでも法廷は彼を裁かれるべき人として裁かなければならない。しかし、裁く仕組み・凡例も主義もなく”反ユダヤ”という概念すらない


人間が一人立っているだけだった

彼のようなナチ党員は人間というものを否定したのです。そこに罰するという選択肢も、許す選択肢もない

彼は検察に何度も反論しました「自発的に行ったことは一度もない」と善悪を問わず自分の意志は介在しない。命令に従っただけ

典型的なナチの弁明でわかります。世界最大の「悪」はごく平凡な人が行う行為です
そんな人間には動機も信念もなく邪心も悪魔的な意図もない

人間であることを拒絶した者なのです

この現象を私は"悪魔の凡庸さ"と名づけました


ユダヤ人への非難について

観客席から「ユダヤ人への非難だ」という声にハンナは「非難など一度もしていません」と答えるとこう続けた

 

「この問いを投げかけることが大事なのです。ユダヤ人指導者の役割から見えてくるのは"モラルの完全なる崩壊"です。ナチが欧州にもたらしたものです。ドイツだけではなくほとんどの国に。迫害者のモラルだけではなく、被害者のモラルも崩壊」

 

学生が「迫害されたのはユダヤ人ですが、アイヒマンの行為は"人類への犯罪"だと?」と質問した

 

ハンナはユダヤ人は人間だが、ナチは人間であることを否定した
つまり「ユダヤ人への犯罪=人類への犯罪」だと回答した

ハンナ自身も攻撃をされた経験もあり、ナチの擁護者で同胞を軽蔑しているとの批判に対して何の根拠もないこと誹謗中傷であること。アイヒマンの擁護をしていないこと
アイヒマンの非凡さと残虐行為を結び付けようとしたが、理解を試みるのと許しは違う

裁判について文章を書く者には「理解する責任」があることを講演にきている人に向けて伝えた


⑪思考する能力

ハンナはソクラテスプラトン以来、私たちの「思考」についての考えを話しだした

”自分自身との静かな対話”だと

「人間であることを拒否したアイヒマンは人間の大切な質を放棄しました。それは思考する能力です。その結果、モラルまで判断不能となりました
思考ができなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。過去に例がないほど、大規模な悪事を

私は実際、この問題を哲学的に考えました
『思考の風』がもたらすのは知識ではありません。善悪を区別する能力であり、美醜を見分ける能力です。私が望むのは考えることで人間が強くなることです。危機的状況にあっても考え抜くことで、破滅に至らぬよう」

 

講義が終わり「ユダヤ人を見下すドイツ人と同じだ。我々ユダヤ人も大虐殺の共犯者なのか!?」と友人から言われ絶縁されてしまった

 

ハンナは自宅に帰り、夫と話しをした

「みんな過ちを認めろと迫るけど、”何が過ちなのか”言えないのよ。凡庸な悪は、根源的な悪と違うの。あの悪は極端だけど、根源的ではない深く、かつ根源的なのは「善」だけ」

夫からこうなることがわかっていたのか聞かれると

ハンナは「わかっていた。でも友人は選ぶべきだった」

-----------------------------------------------
多くのユダヤ人を貨物列車に乗せ、結果アウシュビッツでの大量虐殺に関わったアイヒマンの思考をユダヤ人であるハンナ・アーレントが客観的に物事をとらえようとする冷静さ、知識の深さ、勇気は正直すごいと感じました

 

狂暴な性格、特別な病気、症状と過程して事件を判断しようとするとその人だけが起こした問題として片付けやすいことになりがちですが、元々持っている性格にプラス、条件・状況・環境が揃うと、とてつもなく大きな事件、戦争で及ぼす影響によって残酷な結果が生まれてしまうこともあります

 

観術(nTech認識技術)を通して解析した時に

当時、戦争中の教育によるモラルの破壊、国のトップの方針による目まぐるしい環境の変化、善悪の判断基準の変化、感情・思考の破壊

 

戦争の時代を生きたアイヒマンは最終的に人間であることを放棄し、多くのユダヤ人を人間ではなく『物質(もの)』として認識し、業務の一貫として機械のように任務を遂行し続けてしまったのだと思われます

 

このような歴史を繰り返さない為にも、変化の激しい時代に生きる私たち一人ひとりの考える能力を上げること

 

それがとても重要なことだと同胞から批判されてでもハンナは世界に向けて伝えようとしてくれたのかもしれません
f:id:a_satoco:20180213235331j:image

人体「神秘の巨大ネットワーク」万病撃退!腸が免疫の鍵 まとめ

万病撃退に「腸」が免疫の鍵だったことがわかりました

腸は免疫を司る臓器です

腸内フローラは細菌を手なずけています

それにより「肥満」「美白」「ダイエット」にも効果があるのです

腸の神経細胞は約1億個ほどあり、筋肉を操り、食物を分解しています

 

●人体の中の「独立国家」

体の中で意外な役割を担っています

免疫を司る臓器なので以下のような症状にも効果が期待されています

 ・喘息
・アレルギー
リュウマチ


腸内細菌・免疫細菌は全身の免疫をコントロールする細菌です

万病と戦う力は「腸」にあり

 

●絨毛(じゅうもう)

腸は成人で長さは約8.5mほど
面積は約32㎡

たたみ20畳分の絨毛が広がっています。そこから色々なものを吸収しています

食事と共に病原菌やウィルスも入ってくるので腸は外的を抑える役割を持っています

 

腸の中には水戸黄門で言うと助さん、格さんのような役割をしている細菌があります

 

〈助さん〉→腸内細胞(100兆個)
      病原菌を撃退   
 
〈格さん〉→免疫細胞

     (2兆個 ※全身の7割が腸にある)
      病原菌・ウィルスを撃退。

      ミクロの戦士。門番の役割


免疫細胞は腸の壁から殺菌物質放出

人体の門番「腸」は外的の侵入を防ぐだけではなく、免疫細胞は日々訓練をしている訓練場があります

絨毛に囲まれた中にくぼみがあり、そこが「訓練場」となっているのです

 

●訓練場

くぼみ付近に漂う物質を引きずり込んで、敵か味方か判断します

訓練した免疫細胞は腸から全体に派遣される「病気と闘う戦士」となるのです

ただし厄介な問題もあります

免疫細胞が暴走し、腸が異常をきたしてしまうことがあります

 

●免疫細胞の暴走

イギリスのある体操選手は突然原因不明の病気になり、ショック症状で病院に20回搬送されることもありました


「汗」「香り」すべてのものに対してアレルギー症状が出て、極度の野菜アレルギーにもなってしまいました

いつアレルギー反応で死ぬかわからない状態です

免疫の暴走(敵ではないものまで攻撃)によりさまざまな問題を起こします

彼女の腸を調べてみると腸に異変があり、腸内細菌の種類に異常が見られました

クロストリジウム菌・ラクトバチルス菌が普通の人より少なかったのです

 

日本で発症している人もいる「多発性硬化症」酷い人は失明・失語症になる病気です

原因は脳。暴走した免疫細胞が脳を攻撃

特定の腸内細菌の減少していました

なぜ免疫細胞の暴走が起きるのかがわからない状態でした

 

人体の細胞は約数兆個

約100兆個の腸内細菌の方が実は多いのです

善玉菌の「バクテロイデス菌」肥満を抑える菌や「クロストリジウム菌」は今研究家から注目されていますが

クロストリジウム菌が減るとなぜ免疫細胞が暴走するのでしょうか

 

●Tレグ
最近発見された細胞「Tレグ」は実は免疫細胞の暴走を抑えるブレーキ役を担っています
Tレグは腸から生み出されています

興奮を鎮める物質を出しているクロストリジウム菌からのメッセージ物質「落ち着いて」というメッセージが腸の壁の内側に入ると免疫細胞がメッセージ物質を受け取るとTレグになります

そして血液に乗って全身に回り、免疫細胞の暴走を抑えて全身の免疫をコントロールしているのです


●食物繊維

神奈川県に700年続く寺
修行僧の花粉症やアトピー等のアレルギーが回復しました

腸内フローラの研究家が修行僧の便を調べたところクロストリジウム菌がしっかり備わっていたことを確認できました

修行中の中で精進料理(食物繊維が多いもの)を修行僧は1日20g食べていたことが影響していました

食物繊維と日本の関係はきのこ、木の実、穀物、海藻
日本の腸内細菌・腸内パワーは他国と比べても日本の免疫力は高いことがわかります

ただ急な食の変化で今は皮膚や呼吸からアレルギーが発症すると思われていましたが、腸も影響していることがわかりました

 

●全身の免疫力をコントロールする

多発性硬化症の人が現在Tレグを人工的に作ったものを飲む臨床試験が行われています

動物実験は済んでおり、Tレグは確実に増え、近い将来難病を根本的に治療が可能となるかもしれません

〈マウスの実験〉

クロストリジウム菌の多いマウス→食物繊維が増加(Tレグ増加)
クロストリジウム菌の多いマウス→食物繊維を与えない(Tレグは増えない)

 

●赤ちゃんの腸

母乳からビフィズス菌を吸収し、これを皮切りに免疫本部として成熟させています

日々食べるものを全身の免疫細胞をつくり
生命と健康を支えているのです

----------------------------------------

以前ダイエットをしようとしたときに「腸の管理がとても重要」と聞いたことがあり

理由がわからないまま、食べるものに気を付けたりしていましたが、今回のテーマを通して、日本人が昔から取り入れている食べ物から食物繊維をしっかり取り入れることで免疫の力や腸内パワーがあがることがよくわかる内容でした

 

観点(観る視点)が変化・運動・移動することで、新しい情報の理解、自分の考えの深さが変わる。そんなことが感じられるテーマでした

f:id:a_satoco:20180123181411j:image