さとりのこさとこのブログ

新しい技術「観術」を日常で活用・応用した気づきや たまにどーでもいいことも掲載

静かなる空虚感

常に『人』に囲まれ


同じ経験、体験をしないと


恐怖だったり、虚無感がくる


なぜならそこに一緒にいないと


『人』に選んでもらえないから


自分が好きで選択しているつもりが


それはただの『操り人形』でしかなかった


今ここ、私の体はぽっかり穴の開いた


風船のよう


静かに『幸せ』が隙間から抜けていくのを


感じながら、今日も『人』に合わせて生きていく

------------------------------
【解説】
ある日、友人数名と楽しく食事に行った帰り
道。あれだけ楽しく笑って会話をしていたはずが、心がざわざわして、自分の体の真ん中がぽっかり穴が空いたような感覚になり、びっくりしたことがありました。

自分の中にある漠然とした孤独に対する不安感や認められたい感情に支配されながら生活している

そこに気づいたときに『心にゆとりを持った状態で友人と交流する』『できる範囲で頑張ること』に気持ちを切り替えたことで空虚な感情に囚われることは減りました。

---------------------------
blogを読んで頂きありがとうございます。

blogを始めて先日アクセス数が累計20,000PVを超えたので、初心に戻りポエムにしました。

 

最近印象に残ったこととして韓国で開催された平昌(ピョンチャン)オリンピックがありましたが、参加した国々の政治的な動きも感じやすかった中でも、それぞれの国の代表選手の活躍もさることながら日本人選手の『諦めない、挫けない心、最後のねばり強さ』に人間が持つ能力の無限の可能性に希望を感じるオリンピックでした。



2018年に入ってから、日本国内そして世界的にも地震が多発し「草津白根山の噴火」や海外では「シリア内戦」のような衝撃的な出来事も起きています。

 

日常で入ってくるたくさんの情報に対して、観る視点が固定されている状態では『今なぜ、この問題が起きているのか』の原因や背景に対しての理解に至るまではなかなか難しいと思います。

情報が溢れ、日々起こる問題に対しての解決策や次の方向性が見えにくい時代の中で

 

私が現在活用している認識技術(観術)は

自分自身の『観る視点』がどのように動くのか、人間五感覚脳の観点がどのように動いているのかの仕組みについて明確に規定しています。

 

観点を自由自在に使えるようになることで、人間一人ひとりが自分の持っている機能の理解、観点のバージョンアップによって、大小関係なく起きる問題に対して解決の手がかりが見えるようになってきます。

 

この変化の激しい時代に必要なのは力で制圧する『暴力』やお金の力で制圧する『財力』でもなく『観点』の仕組みを理解した人間一人ひとりの『心』の開発開拓による『人間力・人間関係力』

そしてその人たちが作るチームプレイによる問題解決能力で新しい時代を切り開けると私は確信しています。

 

最後に、ポエムを書くことで「考えが整理」されていく習慣を目指しています。