読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとりのこさとこのブログ

新しい技術「観術」を日常で活用・応用した気づきや たまにどーでもいいことも掲載

太宰治の「人間失格」あらすじとまとめ【人間の本質】を知らないで生きる大変さとは

今まで有名な作品であることは知っていたものの「暗い話をわざわざ読む」気になれませんでしたが

ふとした時に「人間の本質が含まれているのでは・・・」と思いまとめと解析をしてみることにしました。

「葉蔵」という一人の男性が「自分には人間の生活というものが見当つかないのです」と

語るところから始まります。

空腹という感覚がわからず「めしを食べないと死ぬ」は嫌な脅しでしかなく「人間の営み(基本活動)」が何なのかわからない状態だった

『自分の幸福に対する概念』と『世の中一般的な幸福の概念』の違いに不安し、恐怖で発狂したこともある

ただ周りからは『幸せ者』だといわれていたが自分は周りの人間のほうが『幸せ』に見える

考えれば考えるほど、訳がわからなくなり不安と恐怖に満ち溢れている

ほとんど隣人とは会話ができない。そのために開発したのが「道化(どうけ)だった」

人間を極度に恐れながら人間と唯一つながることができた。脂汗を流しながら「道化」サービスを始めたのでした。

①幼少期

 周りの人が何を考えているのか見当がつかないため必死に「道化」を演じる

「二者選一」の力もなく、人生の中で重大な原因の一つになった

②小学校時代

「道化」がばれるのではないかという恐怖から必死に「道化」を強化

女中、下男から犯罪を侵され、自分が発言する習慣のなさから「不信」強化。心を閉ざしていく

③中学校時代

実家から離れ「道化」がばれないと安心した矢先「竹一」という少年に唯一「道化」を見破られた。竹一と仲良くなることで「道化」をばれないように修正。ゴッホの絵を竹一に見せる中で無意識に「画家になるんだ」と発言していた

④高等学校時代

東京の学校に進級。肺の病気で療養が必要になり父の別荘過ごすことになる。学校では「道化」はあまり役に立たず、画塾の友人 堀木から「酒」「煙草」「女性」を教わる

彼を軽蔑、交友を恥ずかしいと思いながら付き合っていた

共産主義の読書会

「道化」を生かし会合に参加。仕事をいろいろ頼まれる。別荘から下宿に引っ越す

親のつけで買い物ができてた世界から決められた額での生活に代わり2、3日でお金が消える。お金に不自由な生活になり「一人で生きる能力がないことがわかる」

銀座のカフェで出会った配偶者ありのツネ子と高等学校2年目に鎌倉の海で情死事件を起こす

⑥父の別荘に出入りしていた「渋田(ヒラメ)」の監視下に入る

「これからどうするつもりですか」と聞かれ将来の方針を考えることができずヒラメの家を飛び出す  

⑦雑誌社の女性シヅ子のヒモになる

「人に好かれることは知っていても、人を愛する能力に欠けていることに気づく」

漫画を描いて生計を立てようとするが養われているため、常におどおどしている

酒代に家の物を質屋に入れ家に帰ろうとした時、シヅ子と子供の幸せそうな声を聴いてアパートへ戻るのをやめる

⑧京橋のバーのマダムのところに転がり込む

お客、亭主、小間使いのような雰囲気をかもしだしつつ、漫画は描き続ける

⑨タバコ屋の娘ヨシ子と結婚(内縁の妻)

堀木との関係が戻る。ヨシ子が小男に襲われる事件があり、夫婦関係がおかしくなる。ひたすらアルコールだけ飲む生活になる

⑩致死量に近い薬を飲む

病院に入れられ退院後、モルヒネにはまり10本打って自殺しようとしたところ

渋田(ヒラメ)、堀木、ヨシ子がきて「脳病院」に入れられる

脳病院に入っている周りの患者を見た時に初めて「道化をやりつづけていただけで狂ってないことがわかった」がすでに周りからは「廃人」扱い人間失格の烙印をおされた

 

64年前に出版された本ですが、人の外見と内面の乖離(かいり)

現代人が多く抱える「漠然とした不安」の要素がわかりやすく表現されています。

 

物語のはじめの方に「妙諦(真理)」がわかっていたらこんな生き方をしなくてもすんだのにというような一文があります。

「人間とは何なのか」存在目的、生きる理由がわからないまま気づいたら人生スタート。

どんなに良い条件で良い家に生まれ、親が用意した条件設定の道を歩いたとしても「どんな人間になって何をするのか」が明確でないと

物事の選択が自分で出来ない。自分で考えることが出来ない。条件反射で来たものを受け付けてしまうことになります。

観術という技術から解析したときに、体の一部である脳の条件反射でやっていた「考え/感情」の仕組みがわかって「脳の外/宇宙の外」に出ることで初めて「正しく考える」「無限の可能性」を見ることができるようになります。そこから観たときに

「何もできない人間」と規定して社会不適合者として人に依存しながら生きるのか

「可能性にあふれる人間」と規定して人と共に新しいものにチャレンジしていく開拓者になっていくのか

「選択」と「決断」と「出会い」によってすべて人生の岐路の先にあるものが変わってくる

そんなことを感じさせてもらった小説でした。

 

※写真は『人間失格』をポイントを押さえてまとめてと思いましたが、なかなか難しいテーマでした


f:id:a_satoco:20170121170106j:image