読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとりのこさとこのブログ

新しい技術「観術」を日常で活用・応用した気づきや たまにどーでもいいことも掲載

観術関連

人間が共通に持っている初期設定を理解することの必要性とは

観術創始者Noh Jesu氏は 「個人の問題を解決するためにはまず人類共通の仕組みを理解すること。 そこからでないと本当は話をすることがができないんだよ」とよく言っています。 例えば、私たちが普段日常で「道具」を使う時、道具の「用途」「機能」「目的」…

JAPAN MISSION 【後編】「今まで教育とこれからの新しい教育」

JAPAN MISSION 【前編】「人に迷惑をかけるな」の言葉の意味の続きです 戦争が終結し、日本はGHQの監視下のもと日本人のアイデンティティを作ってきた教科書の中身は黒く塗りつぶされ、さらに3S政策が入り アメリカに対して仇をうつ考えを出させないために多…

JAPAN MISSION 【前編】「人に迷惑をかけるな」の言葉の意味

Noh Jesu氏は必ずと言っていいほど、韓国人の身でありながら日本の可能性について語り「日本人はこんなもんじゃないんだよ!」と常に新しい観点から見た解析を元に講演で登壇されています。 ですが私自身【MISSION】が自分と全然繋がらず、この話を聞く度よ…

文明の中心軸と時代の方向性(新しい道具の発見と発明)

人類が誕生して500万年 人類が進化・発展した歴史文明を通して「観点の問題」を今までどう解決しようとしたのかをお話したいと思います。 今まで人類は無秩序な状態に対して解決するために秩序を作ることで人間の尊厳を保ち文明を作ってきました。 農業社会…

個人の観点ができあがるまで(0歳から6歳までに出来上がるパターン)

--------------------------------------------------------------はじめに このたび熊本をはじめ九州地方で震災において亡くなられた方々へご冥福をお祈り致します。 そして被災された多くの皆様に心よりお見舞い申し上げます。---------------------------…

チームプレイがうまくいかない原因観点6つの問題【社会人編④】

チームプレイがうまくいかない原因観点6つの問題【社会人編③】の続きです。 【観点の否定・肯定】 相手の観点を肯定したら「従う」しかない。発展性、進化、多様性が起きない 相手の観点を否定したら相手の人が怒るし気分が悪くなる。協力体制、関係性、秩序…

チームプレイがうまくいかない原因観点6つの問題【社会人編③】

チームプレイがうまくいかない原因観点6つの問題【社会人編②】の続きです。 【観点の固定性・流動性】 ずっと観点を固定していたら段々『マンネリ』感動がおきなくなります。そのことで相手の観点を『まったく理解できず』人との関係性、仲間を作るのか難し…

チームプレイがうまくいかない原因 観点6つの問題【社会人編②】

チームプレイがうまくいかない原因観点6つの問題【社会人編①】の続きです。 【観点の異質性・同質性】 観点は実は一人ひとり違います。人類72億人いればそれだけ違いが生まれます。違えば違うほど、摩擦、衝突。『複雑』すぎてまとまりません。 100%同じ行動…

チームプレイがうまくいかない原因 観点6つの問題【社会人編①】

観術と出会った時に一番感動したことは『観点(観る視点)の固定』からすべて問題は起きていると言う規定でした今世の中には色々な考え・感情の整理の為の『技術』が日々『開発』『提供』されている中私自身、家族が統合失調症になったことで『家庭崩壊』があ…

これからの時代の方向性(日本から始まる新しい教育・商品・技術・産業の必要性)

「あなたたちこの時代に生まれてラッキーだね。 だってプレートがわかるタイミングを見ることができるのだから」 Nohさんの講演でこの話を聞いた時に超ワクワクしました。 なぜなら歴史文明プレートが移動するタイミングに生まれるなんて早々あることではな…